神の乳母4話 ネタバレ

menu

神の乳母~ネタバレと無料画像~漫画を一気読み!

神の乳母~異形に奪われた妻~達磨さん転んだ / チンジャオ娘(著)。主婦・ユリエが引き受けたベビーシッターのバイト。彼女を待ち受けていたのは、人間ではない何かだった。神様と呼ばれる異型の生き物に愛おしさを抱き始めた。

お願いあなた起きないで…っ

百合恵の体液をススル毎に、異型の身体は大きくなっていく。

S●Xの動きも大きく大胆になり、毎日のベビーシッターの仕事は、異形の為の餌のようだった。

ある夜、寝室で寝ていると怪しい気配に目を覚ました。

何と、異形が窓から侵入してきた。

百合恵の身体を求めて、真っ直ぐに這いつくばって来た。

騒いで夫に気づかれてはイケないと、抵抗もせず自ら脚を開き、異形のへその緒を受け入れた。

醜い異形に毎日身体を許しているのを家族に知られる訳にはいかない。

この夜の異形は、昼間の行為とは違い、味わうような焦らすようなゆっくりとした動きだ。

百合恵は、モドカシイ動きに漏れそうな声をこらえた。

「もっときもちよくして下さい…」

気持ちが伝わったのか、異形のへその緒が勢い良く挿入された。

「これ…すごい…激しいのっ…許して、あなた…」

来ちゃう、これまでで一番すごいの…私のお腹の奥から…

>>5話に続く