神の乳母2話 ネタバレ

menu

神の乳母~ネタバレと無料画像~漫画を一気読み!

神の乳母~異形に奪われた妻~達磨さん転んだ / チンジャオ娘(著)。主婦・ユリエが引き受けたベビーシッターのバイト。彼女を待ち受けていたのは、人間ではない何かだった。神様と呼ばれる異型の生き物に愛おしさを抱き始めた。

それ以上イかされたら壊れちゃう!

異型の下腹部から悍ましい突起物が伸びてきた。

理屈抜きに嫌悪感を抱き、
「離れて」と抵抗するが…
「まさかこれ…へその緒?」とも考えたが、太い男性器にも見える。

想像通り、へその緒は勃起し百合恵の下腹部へと這って行った。

そして、ショーツの中へ潜り局部に先端がウゴメイた。

まるで周辺を愛撫をするように、味を確かめているようにも思えた。

「お願い、そこだけは許して…!」
異形の触手が侵入し、深い子宮口まで至った。

子宮口を舐められるような感触に
「あんっ!だめ…奥ばっかり」
はしたない声が漏れる。

言葉とは裏腹に膣内から愛液が溢れ、へその緒は愛液の中を泳ぐように激しくうごめく。

遂に、今までに無いような絶頂に達してしまった。

へその緒は愛液をススッている。
異形は、オッパイではなく体液を欲していたようだ。

だが、空腹を満たしていないのか、百合恵は何度も絶頂に達し愛液を提供し続けた…。

>>3話に続く